住宅火災の主な原因

日本における火災による死亡の主な原因だけをみると、放火、たばこ、コンロ、たき火があげられます。たばこによる出火は禁煙率の低下に伴い、平成8年頃から減少傾向ですが、死者の発生した住宅火災の出火原因では、たばこの不始末が多いと言われています。

また、住宅火災の出火原因全体をみると、コンロ火災(天ぷら火災)が最も多いと言われています。「ちょっと目を離した隙に」「電話に出た隙に」というように、ちょっとした不注意が火災を招いています。コンロ火災では、コンロの炎が油に届かなければ着火しないと思い込んでいる人も多いかもしれませんが、天ぷら油は約380度くらいで過熱発火します。揚げ物をするときはその場を離れないようにしてください。

初期消火で防げるコンロ火災

出火原因が最も多いと言われるコンロ火災ですが、消火器による初期消火が7割以上成功しています。万が一火が出てしまった場合、消火器を使用した初期消火が大変有効です。

消火器について

消火器には、本体容器の中に消火薬剤と加圧用ガス容器を内蔵した「加圧式」と、消火薬剤と圧力源を封入した「蓄圧式」があります。

蓄圧式

本体容器内には、消火剤とともに、放射圧力源となる窒素ガスが常時蓄圧されており、レバーの操作によってサイホン管から、ホースを通って消火剤がノズルより放出されます。

加圧式

消火器のレバーを握ることにより、消火器本体に内蔵されている加圧用ガス容器内のガスが、ガス導入管を経由し、消火器内部全体に広がり、サイホン管からホースを通って消火剤がノズルより放出されます。
住宅用消火器と一般用消火器とがあります。


住宅用消火器

住宅火災に適した消火器として開発された蓄圧式消火器で、誰でも簡単に操作できます。薬剤の詰替はできません。また、使用期限又は試用期間が表示されています。

一般用消火器

普通火災(木材、紙、繊維などが燃える火災)、油火災(石油類その他の油類などが燃える火災)、電気火災(電気施設などの火災)と表記のある消火器です。法令で定められたところに置くための義務設置用消火器ですが、義務設置以外の場所でも設置は可能です。対応年数が表示されています。

消火器の正しい置き方

備え付けの高さは1.5m以下にし、手の届く場所に設置してください。ガスコンロやストーブなどには置かないようにし、屋外では必ず格納庫に入れて雨風にさらされないようにしてください。

こんな消火器は使ってはいけません!

消火器がたとえ使用期限内であっても、いざという時に不具合で使えなければ意味がありません。半年に1回程度、目視でチェックして下さい。

チェック項目

  • 層状はく離の腐食
  • あばた状の腐食
  • 溶接部とその周辺の腐食
  • 使用に耐えない変形
  • 使用に耐えない鋭いキズ
  • サビを落としても腐食の残るもの

※消火器のリサイクルについてはこちら

住宅用火災警報器の電池切れについて

現在普及している警報器の多くは電池式で、電池の寿命は10年が目安です。県内に設置されている警報器は10年を超えようとしているものが多いとみられますが、電池切れでは、いざというときに警報音が鳴りません。定期的に作動確認を行い、設置から10年を目安に本体ごと新品に交換してください。